なにを買うのにも罪悪感にかられる。

子どもを妊娠してすぐに安静状態でいなければならなくなったため仕事をやめて専業主婦になりました。

 

そんなわたしのお金の悩みはやっぱり自分でお金が稼げない事ですね。なにを買うにも夫の給与から支払うので(当たり前なんですが・・・)どうも罪悪感がいまだに抜けません。

 

もともと夫とは6年近く同棲しており、その期間の間ずっとお財布は別々だったことがそう思わせる理由かもしれません。

 

お財布がひとつになるというのは単純に家計簿をつけたりするのには簡単になりました。しかし収入はこれまでの半分になってしまったわけでこれまでのように衝動買いやちょっとした贅沢はまったく出来なくなってしまいました。

 

特に、自分が読みたい雑誌や自分の携帯料金、洋服やアクセ、美容院やメイク、すべて夫の収入で賄うと思うと罪悪感にかられます。当然のことですが、洋服もメイク用品もほとんど買わなくなりました。

 

1円でも安いスーパーに行く、品物の底値を知る、そんな事今までまったく気にしなかったのですが、専業主婦になってようやく理解できました。

 

子どもが生まれたいまとなっては、将来のために1円でも多く貯金したいと、いまは思っています。なので、わたしは自分のお小遣い稼ぎのために内職を始めました。どうにか自分の携帯料金、医療保険くらいは稼げています。

なにを買うのにも罪悪感にかられる。関連ページ

旦那の収入は一体いくらだろう・・・
専業主婦のつぶやきで「旦那の収入は一体いくらだろう・・・」を紹介します。
自由に使えるお金がない
専業主婦のつぶやきで「自由に使えるお金がない」を紹介します。
どれだけ自分の好きなことにお金を使っていいのだろう?
専業主婦のつぶやきで「どれだけ自分の好きなことにお金を使っていいのだろう?」を紹介します。
夫に食べさせてもらっているという思いがぬぐえない
専業主婦のつぶやきで「夫に食べさせてもらっているという思いがぬぐえない」を紹介します。
社会的にも一人前と見なされていない
専業主婦のつぶやきで「社会的にも一人前と見なされていない」を紹介します。
お小遣いが欲しいなぁ。
専業主婦のつぶやきで「お小遣いが欲しいなぁ。」を紹介します。
節約してるということを分かってもらえない
専業主婦のつぶやきで「節約してるということを分かってもらえない」を紹介します。
私だけが悩んで精神的に辛くなってしまう
専業主婦のつぶやきで「私だけが悩んで精神的に辛くなってしまう」を紹介します。
お金がかかることには躊躇
専業主婦のつぶやきで「お金がかかることには躊躇」を紹介します。