社会的にも一人前と見なされていない

28歳の専業主婦で結婚して4年目です。結婚してすぐ年子の子供を授かったので、まだ外に働きに行く予定はありません。

 

夫の収入が特別少なく、家計のやりくりに頭を悩ますほどではありませんが、自分で自由に使えるお金がないことが悩みの種です。

 

子供にお金がかかりますし、月々の固定出費もかなりありますので、夫のお小遣いも会社の同僚に比べ少ない額で我慢してもらっています。お昼もお弁当を持たせて、外食をしないようにしてもらっています。

 

夫も節約に協力してくれて、働いてお金を稼いでいるのは夫なのに文句も言わない姿を見ていると、しばらく美容院にも行っていないのでパーマもとれかかってしまっていても、なかなか美容院に行きたいと言えない自分がいます。

 

もしパートなどで自分で少しでも家計に入れるお金を稼いでいたら、きっと気兼ねなく化粧品を買ったり、美容院にヘアセットに行けると思います。専業主婦で収入がないので、自由に自分のために出費をすることに、引け目を感じてしまうのです。

 

最近はカードローンなども収入のない主婦でも申し込めるところもあるようですが、それは夫の収入があってのこと。収入のない専業主婦は社会的にも一人前と見なされていないような気さえしてしまいます。

社会的にも一人前と見なされていない関連ページ

旦那の収入は一体いくらだろう・・・
専業主婦のつぶやきで「旦那の収入は一体いくらだろう・・・」を紹介します。
なにを買うのにも罪悪感にかられる。
専業主婦のつぶやきで「なにを買うのにも罪悪感にかられる。」を紹介します。
自由に使えるお金がない
専業主婦のつぶやきで「自由に使えるお金がない」を紹介します。
どれだけ自分の好きなことにお金を使っていいのだろう?
専業主婦のつぶやきで「どれだけ自分の好きなことにお金を使っていいのだろう?」を紹介します。
夫に食べさせてもらっているという思いがぬぐえない
専業主婦のつぶやきで「夫に食べさせてもらっているという思いがぬぐえない」を紹介します。
お小遣いが欲しいなぁ。
専業主婦のつぶやきで「お小遣いが欲しいなぁ。」を紹介します。
節約してるということを分かってもらえない
専業主婦のつぶやきで「節約してるということを分かってもらえない」を紹介します。
私だけが悩んで精神的に辛くなってしまう
専業主婦のつぶやきで「私だけが悩んで精神的に辛くなってしまう」を紹介します。
お金がかかることには躊躇
専業主婦のつぶやきで「お金がかかることには躊躇」を紹介します。