節約してるということを分かってもらえない

専業主婦をしている方の大半が、「生活していくのにお金が足りない」という悩みはないのではないかと思います。そもそも夫の給料だけで生活ができないのであれば、専業主婦を続けることはできないわけなので。

 

とはいえ、お金の悩みが発生しないわけではありません。当然自分の収入はないわけですから、自分の好きなように物を買う、ということは憚られます。

 

このあたりは、自分の身の回りのことや、趣味の範囲のことであれば、我慢したり妥協したりすることもできますが、例えば子どもの教育に関してや、家のインテリア、家電製品、といったことに関して、夫と意見があわなそうだな、という場合、なかなか口に出せない、というのはストレスです。

 

また、「実は節約してやっているんだよ」ということをわかってもらえないのは辛いところでもあります。

 

 

これ以上必要ではないからこれくらい余っている、と思っているようなので、できれば買いたいものは他にもあるし、たまには息抜きに外食もしたいし、といったことは自然には伝わらず、わざわざ言うのもトラブルのもとになりそうで嫌だなと思ってしまうのです。

 

悩みの解消には、少しずつでも自分のお金をつくるようにすることが、やはり1番近道だろうなと思います。