夫に食べさせてもらっているという思いがぬぐえない

専業主婦って、24時間365日休みがないけれど、なんだか楽そうに見られることが多いです。

 

私が専業主婦になったのは、不妊治療を頑張ろうと夫と決めたからです。不妊治療って、いつのタイミングで仕事を休むのかが直前にならないと分からないし、薬の副作用で仕事をするのが辛い時もあるのです。

 

それに、結婚してすぐに妊娠した時に仕事のストレスからか赤ちゃんが天に帰って行ってしまったこともあり、私の体調をしっかり整えて元気な赤ちゃんを授かりたいという思いで専業主婦になることを決めました。

 

夫のお給料だけでもなんとかなりそうだったので、数年ならと思ったんですよね。

 

でも、いざ専業主婦になってみると、以前と同じように自分の欲しいものを夫に相談なく買うことができなくなってしまいました。

 

主婦業だって立派な仕事だって思っているのに、心のどこかで夫に食べさせてもらっているという思いがぬぐえないんですよね。

 

それに、お小遣いを決めてで自分の遊びに行くお金や欲しいものは買うようにしたので、以前みたいに友人とおしゃれなお店へ気軽に出かけることもできなくなりました。

 

友人との遊びの誘いも、お金がないとは言えないので用事を作ってお金を使わないようにしてみたりして、なんだか友人が減っていきそうな感じです。でも、夫の給料だけで生活をやりくりするには、あまり私のお小遣いを増やすわけにはいきません。

 

今は、自分の自由に使えるお金が、もっと欲しいなというのが、悩みです。