専業主婦に多い自由に使えるお金がないという悩み

専業主婦の方の悩みで多いのが「自由に使えるお金がない」ということです。

 

家事や育児をして家のことを守っているのですが、お給料がもらえるというわけではなく、あくまで旦那さんの給料をもらって生活しているという感じになってしまいます。

 

なので、ちょっと窮屈でもありますし自分が稼いだお金ではないので窮屈に感じる人も多いのでしょう。次のような悩みがあります。

 

結婚するまで仕事をしていた私にとって、専業主婦になってからの悩みといえば、もっぱら『自由に使えるお金がない事』これに尽きます。

 

主人の給料で家計を遣り繰りし、貯金もしながら主人からは『自分のお小遣いもここからちゃんと計算に入れるんだよ』と、優しい言葉をかけて貰ってはいますが、やはり使いにくい、その気持ちは変わりません。

 

以前のように、洋服を買ったり、気に入ったバッグがあれば今使っているものがあっても買い替えたり、ボーナス時期にはちょっと奮発してブランド物の財布を買ったりしていたのが、今ではそのどれも出来ないのです。

 

別に、主人から私のお小遣いの使い道について聞かれることはありません。

 

しかしそれでも、自分が稼いだわけじゃないお金、主人が朝から晩まで働いて得たお金を、自分が気軽に使う事に抵抗感があるのです。いっそ、専業主婦として毎日している家事を給与換算して貰おうか、と考えたこともあります。

 

しかし、なんだかそれもビジネスライクな感じがして彼に提案する事が出来ませんでした。

 

育児がひと段落ついたら、また働きに出ようと思っています。成長した娘と買い物に行った時、私が母からして貰ったように娘の好きな服を気兼ねなく買ってあげられるよう、今から専業主婦卒業への道筋をたてているところです。


気軽に使うのが気が重いのなら働きに

上記のような悩みで、家計的にお金がないというわけではないけど、旦那さんの稼いできたお金なので、堂々と使いづらいというのが心の中にある人が多いんですよね。

 

上記の方の様に主婦として働いているのを自給換算っていうのも一つの手かもしれませんが、なんとなく夫婦間でそういうビジネス的なことにはしたくないですよね。

 

なので、この堂々と使いづらいというのは、どうしようもないでしょう。何かを取り決めすれば心置きなく使えるというものではないですので。

 

ですので、やはりこういった悩みのある専業主婦の方は、パートでも正社員でもいいので働き始めるしかないかなと。

 

働いて自分で稼いできた給料ならば、旦那さんに気にしながらお金を使わないといけないということはないですからね。

 

もし、そもそも家計的にギリギリでお金がないという場合も、とりあえず働きに出ることは考えないといけないですね。子供が小さいとどうしても働きに出かけられないという家庭もあるでしょうが。

 

働きに出かけれる準備が整えば、働きに出かけるという前提で、一時的にお金を借りるというのも方法にはなるでしょう。お金を借りたい場合は次のページをご覧ください。