どれだけ自分の好きなことにお金を使っていいのだろう?

専業主婦は、家の中で掃除、洗濯、育児などを主にしており、給料は出ません。しかし、家庭を支えており、主人にはできないことをして毎日を過ごしています。

 

決して私は日中遊んでいるとは思わないのですが、外で働いている人から見ると「楽そうでいいよね」とみられてしまします。実際にお給料という現金が貰えない、というのが専業主婦の辛さです。

 

主人の給料をやりくりしていくのも自分の仕事だと思っていますが、このお金のやりくりの中での悩みがあります。それは、「どれだけ自分の好きな事にお金を使っていいのだろう」というものです。

 

お金のやりくりがうまくいった月、何かご褒美を自分に買ってもよいのか?と悩んでしまうのです。

 

毎日毎日、家事に追われ、「家の中で働いている」という誇りはあります。ただ、家にお金を入れていないという「引け目」がどうしてもあるのです。

 

たとえば、化粧品は消耗品で贅沢品ではないとします。しかし、化粧品もピンからキリまであります。専業主婦は値段の安い化粧品を買うべきなのか。それとも、これは当然の消耗品で、それなりの値段がするものを買っても許されるはずだと考えるか。

 

いつも悩んだ末、結構安い化粧品を選んでしまうのです。いつか堂々と高い化粧品をシリーズで買ってみたいものです。

どれだけ自分の好きなことにお金を使っていいのだろう?関連ページ

旦那の収入は一体いくらだろう・・・
専業主婦のつぶやきで「旦那の収入は一体いくらだろう・・・」を紹介します。
なにを買うのにも罪悪感にかられる。
専業主婦のつぶやきで「なにを買うのにも罪悪感にかられる。」を紹介します。
自由に使えるお金がない
専業主婦のつぶやきで「自由に使えるお金がない」を紹介します。
夫に食べさせてもらっているという思いがぬぐえない
専業主婦のつぶやきで「夫に食べさせてもらっているという思いがぬぐえない」を紹介します。
社会的にも一人前と見なされていない
専業主婦のつぶやきで「社会的にも一人前と見なされていない」を紹介します。
お小遣いが欲しいなぁ。
専業主婦のつぶやきで「お小遣いが欲しいなぁ。」を紹介します。
節約してるということを分かってもらえない
専業主婦のつぶやきで「節約してるということを分かってもらえない」を紹介します。
私だけが悩んで精神的に辛くなってしまう
専業主婦のつぶやきで「私だけが悩んで精神的に辛くなってしまう」を紹介します。
お金がかかることには躊躇
専業主婦のつぶやきで「お金がかかることには躊躇」を紹介します。