不妊治療は高い!

不妊治療を受ける夫婦は年々増えてきています。

 

不妊治療というのは身体的な負担はもちろんかかりますし、精神的であったり、経済的な負担もかなり大きくのしかかります。

 

不妊治療の内容である人工授精は1回で数万円、体外受精となると保険適用外になりますので、1回で30万円〜50万円ほどかかるのです。すごく高いですよね…。

 

このようなお金をすぐに出せるという人は少なく、ほとんどの方が不妊治療のお金が無い状態で困っているというのが多いです。

 

このお金が無い場合にどうすればいいのか?という問題になりますが、「助成金」と「カードローン」という選択肢になるかと思います。

 

助成金

 

まず助成金はもらえるものですので、まずは助成金をもらえるのならばもらっておいた方がいいですね。もちろん。

 

助成金に関してですが、地方自治体によってバラバラなのでちょっと一概にこうだということはできませんが、一般的に体外受精といった特定不妊治療と呼ばれる治療に対して助成金が支払われます。

 

地方自治体によって違うため、それぞれ調べてみるといいかと思います。「不妊治療 助成金 地域名」といったように検索するといろいろ出てくると思いますので検索してみてください。

 

カードローン

 

助成金をもらえたとしても、多分全額が助成金で賄えるというものではありません。不妊治療となると病院に通う交通費などもかかるわけですので、不妊治療自体の費用以外にも何かとお金がかかりますからね。

 

そのお金が自分たちのお金で賄えるのならば問題ありませんが、それでも足りないという時はカードローンの利用するのが一番いいかと思います。

 

今のカードローンって金利もかなり低くなっていますから、安心して利用することができます。

 

おススメのカードローンはみずほ銀行か三菱東京UFJ銀行のカードローンです。専業主婦の方自身でも利用することができます。

 

それなりに高額な金額を借りようとする場合、専業主婦の方自身ではあまり高額な金額を借りれませんので、ご主人さんと話してご主人さん名義で借りるようにするといいかと思います。

 

≫みずほ銀行カードローンの公式サイトはこちら

 

≫三菱東京UFJ銀行バンクイックの公式サイトはこちら

 

 

不妊治療の悩み

 

不妊治療の悩みは、一言で簡単には言い表すことができないほど、なのです。

 

その原因は、ゴールが見えない治療に取り組む、ということだからでしょう。そして不妊治療は、夫婦の気持ちを合わせ続けなければならないことも、人によっては大変なことでしょう。

 

ゴールが見えないというのは、厳密に言えば、妊娠に繋がった時がゴールなのですが、その保障が実はない、という治療だからです。

 

そして、ゴールを見るために取り組むのは前提ですが、達成できる保証がなく、そして続けるには経済的にもかなりお金がかかりますし、社会的には、会社を休まなければ続けていくのが困難というスケジュール的な部分もあり、常にポジティブに取り組むには困難なことがとても多いのです。

 

希望を持って取り組めるのは、数か月の間でしょう。

 

その間に知人夫婦や、同じように不妊治療を行っている知人など、どんどんまわりが妊娠の報告をしてきます。

 

なのに、自分たちは、毎月集中して頑張っても、結果が出なくて、暗い疲れた気持ちに陥ってしまうことも多々あります。

 

その間に、夫婦が全く同じ気持ちで居続けられる保証もありません。

 

どちらか一方はまだまだ不妊治療を頑張りたくても、一方がもうあきらめようとという気になってしまったら、夫婦間ストレスは募り、順調に不妊治療を続けることもできなくなってしまうかもしれません。

 

気持ちがふさぎ込んでしまったらもともこもないのに。

 

不妊治療をしていることを伏せている人も多いでしょう。

 

そういう場合には、周りの妊娠報告や子供自慢を、どのような顔で聞いていたらよいのか、胸を締め付けられるような肩身の狭いような思いをすることも多々あるでしょう。

 

特に日本は、話題はすぐに子供の話に集中し、もはや子供の話しかできないつまらない人も多いのです。

 

不妊治療には精神的にたくさんの負担がどうしてもかかってきますが、ストレスが無いことが一番大事な治療期間、とも言えます。

 

この矛盾を、自分なりの価値観で、楽しい期間に変えて、長引いたとしても、気持ちを強く持ち、夫婦で期間を決めるなど、明快にしていくことが秘訣といえるのではないでしょうか。

 

 

不妊治療の悩みをインタビュー

 

不妊治療は二人三脚。

 

不妊…漢字だけ見ればこれはまるで女性にだけ関係しているような問題だとも捉えられます。世界で最も高い不妊率を有する日本に暮らしながら、私達は未だ当事者としての認識が薄いように思えるのです。

 

原因は様々ですが、今や結婚している夫婦の十組に一組が子どもができない、いわゆる「不妊」に悩まされているといいます。幸いながら日々技術は進化し、不妊外来やまた普通の産婦人科でも不妊に関する相談が可能な時代になりました。

 

しかしやはり、まだ女性ばかりがこの問題をパートナーには打ち明けられず、一人で抱え込んでしまうケースが多いように思えます。

 

まず不妊治療の前提として行われる様々な検査。胎児を宿す母体への検査が主となります。排卵は問題ないか、卵管への異常はないか、中には女性にとって非常に苦痛やストレスを伴うものもあります。

 

そこで問題が見つかれば手術や投薬治療に入るわけですが、特にこれといった症状が見つからない場合は、「実践」へと移行していきます。初期段階としてタイミング療法…これは女性の排卵期を狙い夫婦生活をもつ最もポピュラーな方法ですが、毎回決まった日時に夫婦生活を求められざるを得ない夫側にストレスがかかるのはよく耳にする話ですし、この方法が最も自然妊娠に近いため、なかなかこれ以上先へ一歩を踏み出せない女性が多いよういこともまた事実なのです。

 

次へのステップアップとして人工受精…これは採取した精子を特別な注射器で女性の体内へ注入する方法です。主に精子に何らかの運動障害や数の激減など問題がある場合に用いられ、ここで初めてこの治療に向き合う覚悟を持たざるを得ない夫婦もいるかもしれません。

 

そして最後に体外受精、顕微受精へと希望が託される訳です。男女それぞれの体内から取り出された卵子、精子を培養士が育て女性の体内へと戻します。

 

勿論すべてが成功するわけではなく、卵子精子を出会わせても受精しないもの、うまく受精し子宮内へ戻しても上手く育たない、なんてことはよくあることでそういった意味でも妊娠は本当に奇跡に近いものなのです。

 

ストレス社会に生きる我々は、常に不妊という身近な問題を抱えていることを忘れてはなりません。パートナーとしっかり話し合える機会を積極的に作ること、夫婦をサポートする行政の協力が何よりも大切だと思います。

 

夫婦の形はさまざまでも、子どもを望む夫婦が必ずいること、それに力添えのできるもっとオープンな社会が必要だと思います。

 

お灸で体質改善。不妊卒業

 

私は結婚前から、子供が欲しいと強く思っていました。そして、結婚すればすぐに子供を授かるものだと思っていました。

 

しかし、いざ子作りを開始すると、なかなか思うようにいかない。毎月生理がくるとがっがり肩を落として夫婦で落ち込んでいました。

 

自分達より後に結婚した友人からの妊娠報告。SNSを開けば、妊娠、出産ラッシュ。気分は滅入る一方でした。

 

不妊専門クリニックはやはり抵抗があり、なかなか進む事はできませんでしたが、なにか行動を起こさなければと焦り、地域で有名な「体質改善治療院」へ行きました。

 

人間が元々もつ力、女性が持つ妊娠力を高めるといった治療法で、まず、私の体質をチェックしていただきました。私の診察結果は「子宮力」の低下。ばっさり言われました。

 

え?どういう事?と最初は思いましたが、生理周期が不定期である事や、重い生理痛持ち、毎月強い鎮痛剤を服用している事を言い当てられました。簡単に言うと「子宮の中が冷たい」、「臓器の温度が低い」という事でした。

 

驚きました。そんな事があるのか、と。

 

確かに、生理中に下腹を触ると冷たい。末端も冷えて、手先がしびれる感覚があります。こんな体質じゃ妊娠できないよ、冷たいお腹じゃ妊娠しても赤ちゃんが育たないと言われました。

 

それから週に2回治療をしていただく事に。下腹と胸の下、肘の内側と足の甲にお灸を置いてもらうだけの治療です。治療院でだされた漢方を飲んで内側からの体質改善も行いました。

 

すると本当に驚く事に、翌月の生理痛が嘘のように軽くなり、毎月飲んでいた薬を飲まなくてもよくなりました。

 

それからは「女性の体に冷えは大敵」と先生の言いつけを守り、首、手首、足首を冷やさないようにしたり、腹巻をしたり、冷たいものを摂取しないように気を付けました。

 

すると、3か月後妊娠する事が出来ました。

 

子供が出来にくい体質を、見事にお灸で卒業する事が出来ました。どんな薬を使うより、まず自分の体質を知り、改善する事が大切なんだと実感しました。

 

いろいろやって、行き着くとこは気の持ちよう…?

 

20代前半で卵巣脳腫を患った際、お医者さんに「まだ結婚しないの?とりあえずなるべく早めに赤ちゃん作っちゃいなよ」と言われました。その時は結婚の予定すらなかったし、「何言ってんだろ」くらいにしか受け止めていませんでした。

 

それから数年後、26歳で結婚。でも卵巣嚢腫以来、痛みを抑えるため低用量ピルを服用していたため、(影響はないと言われたものの服用ストップして少し間をおいてからじゃないと「薬の影響」が及ぶのでは…と不安で)すぐに子作り!という気分にはなれず…。

 

そろそろ…と思い服用ストップしてから約3か月後、陽性反応!しかし喜びも束の間、稽留流産という結果に…。

 

それ以降4年間、(当事者の私にとっては)長い暗黒時代でした。同じ時期に残念な結果になった友人はすぐに授かり、また私より後に結婚した友人・後輩がどんどん妊娠していく…。

 

「なんで作らないの?」「何か治療してるの?」「(主人が出張続きでタイミングが…と悩む私に)押しかけちゃえばいいや〜ん(いやいや出張先飛行機で行くとこだし私も仕事あるし、無理だろ!)」「(授からない内容を一言も相談してもいない友人から)これ、子宝お守り買ってきたよ」と心無い数々の言動に、私の心はどんどんと深い闇へと沈んでいきました。

 

私たちが再び子宝に恵まれるまでにどんなことをしたかというと…

 

まずは不妊治療で有名な地元のクリニックで、夫婦連れだって何か原因はないか調べました。そしてタイミング療法。その時期が近付くと排卵誘発剤を注射しに通院。そしてその夜or翌日あたりに。

 

2周期ほど試して、すぐにイヤになりやめました。何より、おなかの大きい人と一緒の空間にいるのが耐えられなくて。

 

次に試したのは、漢方。タンポポ茶を約1年ほど続けました。しかし、断念。

 

この頃、夫婦関係に大打撃を与えることが次々発生。正直、不妊治療どころの心中ではなかったです。そしてこの頃から、まわりに対しての妬み・僻みに苦しみます。そしてますますドツボにはまり…もう最悪でした。

 

思い出したくもない、一生で一番ツライ思いをした毎日かも…。願ったり努力したりすれば必ず叶う―それなら必死でばんがるけど、そういうものじゃないのがツラかったな…。

 

その間も、ほとんど惰性だったけれど、毎朝の基礎体温測定&タンポポ茶&高価な漢方薬も再開していました。

 

そして、生活や気持ちが少し這い上がってきた頃(再び妊娠する3か月前頃)から、不思議と「まあいいや」と思えるようになってきました。その頃は、夫婦2人で片道500キロのドライブ旅行やパワースポット参拝、そして仕事先が扱うパワーストーンをお付き合いかねがね購入する気分になったり。

 

私の性格上、ポジティブシンキングにはなりにくいのですが、本当に不思議と「まあいいや」と思えたのです。

 

そして、ついに授かることができました。

 

今その子は4歳。今となれば、この暗黒の4年間があったからその分余計に愛情を注げるのだ、親になるための試練だったのだ、と心から思えるようになりました。

 

体外受精ではなくシリンジ法で妊娠しました

 

男性不妊と言われ不妊治療を始めました。乏精子症のレベルから体外受精でないと授からないと分かり、すぐに顕微授精で有名なクリニックに行き治療を開始しました。

 

いきなり不妊治療を始めることになり、しかも体外受精が必要と医者に言われたのはショックでした。

 

情報もネットの情報しか頼りに出来ずに治療を開始したクリニックの以前にも何件か病院を訪ねましたが、排卵誘発剤を使い一度の採卵で多くの卵子を得ようとする刺激の強い治療法を推奨する病院や逆に自然周期を治療のメインに置く病院もあり自分に合う病院を探すのが大変でした。

 

不妊治療を継続するには職場の理解も必要だと思い、治療を開始する際には上司に治療をすることを正直に話しました。

 

幸いにも上司は理解してくれたのですが、いざ仕事を休むとなると代替の人を探さねばならず毎回後輩・先輩関係なしに仕事をお願いできる人を見つけるのがストレスで迷惑を掛けることが心苦しくもありました。

 

特に治療をしていることが恥ずかしいわけではなかったのですが、やはり誰にでも気軽に治療をしていることを話すことはできませんでした。

 

悩みを相談する相手が自分の夫ぐらいしかいなく、しかも治療をメインで受けているのは女性である私のほうなので不平等に感じ夫と衝突することも多かったです。

 

採卵は3回行い、そのうち体外受精まで行えたのは2回です。採卵しても卵子が空砲であったり、せっかく採卵できても受精しなかったり、治療中はまるで感情のローラーコースターに乗っているように感情の起伏が激しかったです。

 

結局三度目の体外受精時に子宮外妊娠になり腹腔鏡手術を受けました。

 

その後は気持ちが吹っ切れてそれまで気にしていた食事や温活もやめて治療もせずに気ままに過ごしていたのですが、2か月後に妊娠しました。

 

タイミングは自分たちなりにとっていたのですが、夫は治療を始めてからED気味でタイミングが上手くとれなかったのでシリンジ法を試していました。シリンジ法は簡単な人工授精のようなもので精子を容器に移したものをシリンジから直接膣内に入れるというものです。

 

無事に娘をその後出産したのですが、不妊治療や子宮外妊娠を得て感じたことは妊娠・出産というのは本当に奇跡に近いことだということです。

 

卵子が受精卵になり着床するまでにこんなにも工程があり難しいことだなんて治療をしなければ分かりませんでした。お金や時間をどんなにかけても、体調にどんなに気を付けても妊娠するときはするし、しないときはしない。

 

治療を通じてあくまでも私はただの「入れ物」でありただ妊娠できるかを見守る立場でしかないということに気づきました。これは子育てにも共通しているのでは?と今になって感じます。

 

子供は思い通りにならず、その成長を見守るのが親の役目であることを治療を通じて学んだような気がします。

 

もし何の苦労もせずに妊娠・出産が出来ていたらもっと子育てにも完璧を求めてしまうようになっていたかもしれません。